実行委員紹介Vol.5 フミコーン

ナマステ〜!インド大好きフミコーン今回は自己紹介含め、私のアレコレをお話します〜!


プロフィール

  • 名前:髙橋史好/ Fumiko Takahashi

  • ニックネーム:フミコーン

  • 大学:慶應義塾大学 総合政策学部 1年

  • SASS2020での役割:広報sns班リーダー

  • 出身地:群馬県

  • 出身高校:県立中央中等教育学校

  • 好きなもの/こと:インド 旅行

  • 現在の活動:インドIT人材関連企業でのインターンシップ

         Youtude TikTok等々SNS運用 (海外系のコンテンツ)

         横田ゼミ SASS2020運営 金沢西高校でのキャリア教育

  • バイト:球場ビール売り子

  • 性格:明るい、好奇心旺盛、おおざっぱ


なぜSDGsアワード運営に参加したのか?

大学進学後、横田ゼミメンバーとして、様々な教育プロジェクトに関わらせてもらえるようになりました。実際に大学生メンターとしてSDGsを題材にした高校の授業サポートに入る中で、自然と「SDGs」「中高生教育」が身近なキーワードになってきたような気がします。

実は私自身も、中高時代にジェンダー関連のゼミ運営をするなど、SDGsに大いに関心を持って取り組んでいました。しかし、留学や一人旅を通じ「社会貢献」のあり方について考えさせられる出来事が多々あり、今は自身がSDGsとどう関わっていけるのか模索中です。

SASS2020は、そんな一筋縄ではいかず、難しい問題でもある「社会貢献」を、フレッシュな中高生の皆さんと一緒に考えていける絶好の機会だと感じワクワクしています。

今回のアワードを通じて、皆さんと一緒に成長したいです!


中高で一番楽しかったこと

沢山ありますが、楽しかった大きなチャレンジは2つ!(1つに絞れませんでした笑)

1つ目は1年間の「インド生活」です。それは「インドが好き!」だけで飛び出してしまう、何とも無計画な留学(海外逃避行?)でした。三食手でカレー生活、ペーパーのないトイレ、サファリパークのような通学路、、、!自身の常識が一切通じない異世界で過ごした1年間は想像以上に濃く、多くのものを得られました。

2つ目は、夏休みの「東南アジアひとり旅」です。高2の夏に今までのお年玉貯金を切り崩しながら貧乏旅をしました。現地では刺激的な出会いが沢山あり、とてもいい思い出です。


今までで一番やらかしたこと

1番のやらかしは留学中、インドの寝台列車20時間の長旅中、隣の乗客にパスポートを盗まれそうになったことです。日中、会話も弾みかなり親しくなったので、ついつい無防備に寝てしまった、、、(何とか取り返しました)


人生で一番精神的に辛かったこと

高校時代、1年のインド生活後に日本の生活(受験生)への切り替えに苦労しました。

というのも休学をするという選択をしたので復学後は実質「留年」のような状態だったんです(笑)

1年間の学習ブランク、後輩だけの教室で「先輩」と呼ばれる学校生活、自分の選択への不安等々、決してキラキラの留学経験だけではありませんでした。

最終的には、周囲の人々に恵まれ、最高の高校生活で締めくくれました。支えてくれた仲間には感謝しかありません(泣)

ちなみに当時の葛藤を、noteにまとめていたのでよかったら目を通してください〜!

インドJKは面白い人生を歩まなくてはいけないのか問題(1)


中高でやっといたらよかったこと

主に2つ!

1つ目は「もっと色々な本に触れておくべきだった」です。活動の幅が広がり、多くの人と関わる中で、自身の知識量の無さにショックを受けました。これは本に拘らなくともですが、中高時代から社会に関心を持って、インプットしておくべくきだったと後悔しています。

2つ目は「数学」です。高校時代から数学に対する苦手意識があり、ずっと遠ざけてきたのですが、活動をする中で論理的に順序立てて物事を考えたりする力がいかに大切かひしひしと痛感しています。もっと真剣に取り組むべきでした!泣


以上、フミコーンでした!次の担当はえみかです!

310回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示