• 理紗 北村

実行委員紹介Vol.8 とがみく

最終更新: 2020年10月15日

大学1年の富樫美郁です!地方(ど田舎!?)出身です!!

周りはみんな留学?している人ばっかでどぎまぎしてますが、

SASSが地方の方にも広く認知してもらい、良い会になったらいいなと思います!!


プロフィール

  • 名前:富樫美郁

  • ニックネーム:とがみく、とがちゃん、みくも

  • 大学:慶應義塾大学 商学部 1年

  • SASS2020での役割:広報SNS

  • 出身地:山形県酒田市

  • 出身高校:酒田東高校

  • 好きなもの/こと:自己表現(歌/ダンス)/ラーメン

  • 現在の活動:上京生活を謳歌しています😊、SASSのSNS広報運営、横田ゼミでの金沢西高のキャリア教育

  • 性格:とりあえずいろんなものに手を出すが、すぐ飽きる


なぜSDGsアワード運営に参加したのか?

高校生の時、地元のおせんべい🍘会社の大人と「米こーラボ」と言う名前で、『親商品開発』『ギネス記録』に挑戦しました!この経験は自分自身に大きな影響を与えてくれ、自分の人生においての『きっかけ』になったと思います!そのため、SDGsアワードに参加してくれる皆さんの『きっかけ』になればいいなと思い、この運営に参加しました!

もし興味ある方いたら こちら をみていただければ〜!!


中高で一番楽しかったこと

高校2年生の時のギネス記録挑戦や、高校生の目線から考える親商品開発です。

あっという間の1年間でしたが、地元の大人と関わる機会があったり、その人つながりで某会社の社長さんにプレゼンを見てもらったり、新商品を召し上がって頂いたり、なんだかんだこのプロジェクトをして地元愛❤︎が生まれました!あと、なんだかんだ気を使わなくて大丈夫な同級生や、先輩に会えてその人たちと、田舎ながらに遊べたことが楽しかったですね!!(一番楽しかったこと...とは)


今までで一番やらかしたこと

いろいろやってますが、ほとんど人に言えないので笑)

小学校の時の漢字の書き取り定期テストで、「とめ」「はね」「はらい」などに注意(したつもり)で書いたテストが、内容的には余裕で合格点だったのにも関わらず、ほとんどペケになってしまい、再テストをしたことですかね...。本気で辛くて、学校に帰ってすぐに号泣しました笑


人生で一番精神的に辛かったこと

受けたいプログラムに応募したが、一次選考で落とされたこと。

全部、やればなんとか上手くいってたので、始めて自信を失った瞬間でした。。どうしても参加したかったとおもってたし、なんなら初めて参加したかったプログラムだったので、すごく辛かったです。でも、これを無駄にしたくないって言う思いと、絶対居た方が良かったって思ってもらいたくて、執念で参加する方法を考えましたね...笑(これきっかけに、新たな出会いもありました!!)


中高でやっといたらよかったこと

とりあえず、やりたいことを友達に話してみる!!!

私のおせんべいのタイアップ企画も、友達に話したことが『きっかけ』になってるので、友達でも担任でも、誰でもいいのでやりたい!!って思えることがあったら、是非「〇〇やってみたいんだよね」と言ってみてください...!!



以上、とがみくでした!次の担当は、たいくんです!

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学の部活ってどんな感じ?

皆さんこんにちは!武庫川女子大学1年の壷内咲花です。 私は、武庫川女子大学のなぎなた部に所属しています。 なので、今日は大学の部活はどんな感じなのかについてお話ししていきます。 皆さん、大学生といえば「部活」ではなく「サークル」と考える人が多いのではないでしょうか? 実際、私の周りでも部活に入っている人より、サークルに入っている人の方が多いです。 大学での部活ってイメージがしにくいかなと思ったので