sass2020_topscreen1.jpg

#SASS2021「大学生による中高生のためのSDGs/サスティナ
ビリティアワード」は、大学生が運営するSDGsをテーマとする動画コンテスト。

これからの未来を担う中高生のメッセージを映像を通して
世の中に伝え、中高生、大学生、企業が双方向につながり、
社会を変える広がり」を創出します。

アワードとは.png

​概要

応募条件-3.png

  • ​下記をご準備のうえ、ご応募ください。

  2~5分の動画作品       
​   動画内に、SDGsゴールの1~17の番号を1つ以上表示(表示方法は自由)
               *SDGsについて(参考資料)
           https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/pdf/000270935.pdf
      
  作品のテーマ/タイトル    
   SDGsに関する動画の内容が分かるよう、タイトルを表示してください。 
  サムネイル画像        
​   YouTubeタイトル画面表示用

 
    ​
応募方法.png

作成した動画を自身のYouTubeアカウントにアップロード後、

本アワードHP内「応募フォーム」に動画のURLと必要事項を入力、送信して​応募完了となります。※応募フォームは後日アップされます。

​​

  • Youtubeアカウントをあらかじめ登録する必要があります。アカウントが作成できない方は、本アワード事務局まで直接作品をお送りください。

  • 使用する撮影機器や表現方法は自由です。ビデオカメラやスマートフォンでの実写/アニメーション/CG/各種動画編集ソフトの使用等は問いません。

  • 1ファイルあたりの上限は1GB

  • YouTubeに適したファイルフォーマットでアップロードしてください。(下記参照)

  https://support.google.com/youtube/troubleshooter/2888402?hl=ja#ts=2888341

  • 複数応募は3つまで可。ただし、応募フォームでの応募は1回につき1動画のみ可能。複数の動画をアップロードしたい場合は、都度TOP画面に戻って入力が必要となります。入賞は1個人/グループあたり1作品までです。

審査方法.png

一次審査および最終審査により各賞を選出いたします。

《一次審査》         
 大学生による審査
  ・一次通過動画は公式ホームページにアップ

《最終審査》         
 審査員により各賞を決定
  ・最優秀賞、優秀賞、特別賞、作品賞 他

《受賞者発表》        
 公式ホームページにて結果発表

《表彰イベント》       
​ 実施方法については、後日公開いたします。

 

審査基準.png

考える力(Think)
    SDGsに基づき社会課題について考え、明確なテーマ設定をし、探究できているか


行動する力(Action)
   
調査、問題提起、行動したことなど、個人・グループで計画を立て実行できているか


伝える力(Message)
   
映像を通して自分達の伝えたい社会課題を伝えられているか


  その他、

 「SDGsについての理解度」「国際性への意識」なども踏まえて審査いたします。

スケジュール.png

《応募期間》      2021年11月1日(月)~2022年2月15日(火)
《一次審査》      2022年2月下旬

《一次通過発表》 2022年3月上旬
《最終審査》         2022年3月上旬
《受賞者発表》     2022年3月下旬
《表彰イベント》 2022年6月頃(予定)

・スケジュール詳細は随時更新いたします。

・一次通過、受賞者の発表は公式HP上で行います。

・スケジュールは事情により変更となる場合もございます。随時お知らせいたしますので、HPをご確認ください。

賞.png

※詳細は随時更新いたします。

award1.gif

 
最優秀賞
1点

 

award2.gif

 
優秀賞
​数点

award2.gif

 
作品賞
​数点

< 特別賞 >
企業・団体に関連するSDGsテーマにて動画作品を募集いたします。
*ご応募いただいた作品は全て最優秀賞・優秀賞・作品賞の候補となりますが、
特別賞へも併せて応募を希望される方は、下記テーマから1つ選択してご応募ください。
​※随時更新予定

近畿日本ツーリスト賞

テーマ

「観光」

​持続可能な観光とは・・?

SDGsで観光に関連する目標は

8.働きがいも経済成長も / 12.つくる責任つかう責任 / 14.海の豊かさを守ろう

をはじめとして、17すべての目標に関連する可能性があります。

自分の住んでいる地域の観光への取り組みや、地域ならではの自然環境や文化・遺産、特産品、雇用に関してなど、観光に関連するテーマで調べてみよう!

award2.gif

TOKYO EDUCATION LAB
テーマ
「関係人口増加」

SDGs11の目標「住み続けられるまちつくりを」 にも掲げられていますが、持続可能な日本未来のために、どう行動すればいいのか?​

地域が豊かになるとはどういうことか?なぜ地方創生が必要か?

空き家問題・東京一極集中・関係人口・高齢化社会など私たちにできる課題解決を考えてみよう!​

award2.gif

武庫川女子大学賞

テーマ

「つながり・コミュニティ」

SDGs17の目標の最後にも掲げられているように (17.パートナーシップで目標を達成しよう) SDGsの達成や暮らしやすい社会にとって大切な、信頼できるつながりやコミュニティ。

地域社会とのつながり、グローバルなネットワーク、同じ目標を持った人同士のコミュニティ etc…人と人、人と社会とのつながりやコミュニティをテーマに持続可能な世界を目指すために私たちにできることを考えてみよう!

award2.gif

横田アソシエイツ賞
テーマ
「コラボレーション」

SDGsに欠かせないさまざまな人との協力やコラボレーション。

企業やNPO、NGO、役所などの行政、子供会や地域の団体などと、みんなで考える、みんなで行動する「コラボレーション」をテーマに募集します。

ぜひみなさんの視点で調べ、または行動しよりたことを動画にして応募してください。

award2.gif

ミライノラボ賞
テーマ
「農業」

​地方の基幹産業の一つである農業は、SDGsの「陸の豊かさを守ろう」だけでなく、貧困、飢餓、人々の健康な暮らしなど、多くの目標に関係しています。しかし、後継者不足や気候変動の影響など、農業を取り巻く環境は年々厳しくなっています。いま、私たちに求められることは何でしょうか?中高生のみなさんの目線から、日本の農業を将来世代まで守っていくためのアクションを考えてみましょう!

award2.gif

#SASS2021 実行委員会

​プロフィール

SDGsの探究をテーマに課題設定を自ら行い、社会課題解決に向けて「考える」・「調査する」・「行動する」ことで社会課題を自分ごととしてとらえ、自ら学ぶ力が身につきます。

​学習教材として

映像を通し、自分たちの言葉で社会課題について調べたこと、提案したいこと、行動したことなどをメッセージとして伝えることで表現力・創造力が身につきます。

SDGsをテーマとする映像を使ったコンテンツを通し、社会課題に対する知識や様々なアイデアを発信し、共有することで同世代間や学生と企業双方向のつながりを生み出します。

 
募集テーマ.png

SDGsを考え行動し発信する

SDGsに関する調査、問題提起、提案、自分たちで行動したことなど、
社会課題について考え発信したいことを自分達の表現方法で撮影しよう!
応募期間.png

2021年11月1日(月)~2022年2月15日(火)

応募資格.png

<対象> 全国の中学生、高校生
<人数> 1~8名の個人またはチーム​     ※中学生、高校生の混合チームも可

 

審査委員

主催

#SASS2021実行委員会     

武庫川女子大学経営学部

横田アソシエイツ 

後援

外務省
神戸市、札幌市、金沢市、北九州市

​協力

《 企業 》

会社ロゴ.jpg
TOKYO EDUCATION LAB.png

《 学生団体》

立命館大学 サスティナブルウィーク

立命館.jpg
 

お問合せ

#SASS2021 実行委員会内
​株式会社横田アソシエイツ
〒103-0022 
東京都中央区日本橋室町1-11-2
二葉ビル2階B室

sass@yokota-a.jp

 

【受付時間】10:00~16:00  ( 土・日・祝は除く)